株式会社センレイ|塗装・塗替え工事|防水工事|アスベスト処理工事|床塗|リフォーム工事|福井県|福井市|外壁塗替え|塗り替え|生ゴミ|

株式会社センレイ
〒910-0017
福井県福井市文京7丁目8-25
TEL.0776-25-7288
FAX.0776-25-7710
mail. info@kk-senrei.co.jp
────────────────
1.塗装・塗替え工事
2.防水工事
3.アスベスト処理工事
4.床塗
5.リフォーム工事
────────────────
福井県知事許可(般-19)第5642号
qrcode.png
http://www.kk-senrei.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

塗料の種類と特徴

 

どんな塗料があるの??

どんな塗料があるの??
 
塗装の種類もさまざまです。
塗料の種類にも色々あります、塗り替えを考えてる方も分からない事が多いのでは??
 
大きく分けて水性塗料(水系)と油性塗料(溶剤系)があり
これは、塗装する部位、素材、材質によって使いわけます。
 
水性塗料でも最近は、鉄部の上塗りなどに使えるものや
油性塗料でも弱溶剤系の環境を考えた塗料などがあります。
 
又、耐久性や耐候性、耐用年数、塗料の価格などから塗料のグレードもさまざまで
アクリル塗料ウレタン塗料シリコン塗料フッ素樹脂塗料の順で価格や耐候性は上がっていきます。
他にも、有機・無機超耐候性塗料など優れた塗料もででいます。
 
何の塗料が外壁にあってるか、値段、耐候性などお客様、施主様と一緒に考えていけたらと思っています。
 

塗料紹介コーナー!!

塗料紹介コーナー!!
 
参考にしてみてください。
ここでさまざまな塗料のいい所や、悪い所を紹介したいと思います。
 
 
アクリル塗料・・・耐久年数 約3~5年
・・・価格が安く、取り扱い易いのが最大の特徴です。
 
・・・最近では、塗替えで使用することも少なくなってきたかもしれません。
 
 
ウレタン塗料・・・耐久年数 約5~7年
一般的な普通の塗装がいいというかたにおススメです。
比較的安い塗料です。耐久性はそこそこ。
・・・価格重視!!比較的安く綺麗な仕上げになればという方。
・・・5~10年以内にまた塗り替えを考える方。
 
・・・10年以上は持たせたいという方。
 
 
シリコン塗料・・・耐久年数 約7~10年
価格も抑えつつ、耐久性も必要というかたにおススメ。
価格も一般的で、耐久性も良いバランスのとれた塗料です。
・・・一番使われている材料で、ご近所でも使用されている方も多いのでは。
・・・水性のシリコンなどもあり種類も豊富。
 
・・・耐久性を求めているかたは、より高耐久な塗料をおススメします。
 
 
フッ素樹脂塗料・・・耐久年数 約15年以上
とにかく長持ちさせたいという方におススメです。
光沢が長期にわたって落ちず、色あせもありません。汚れもつきにくいのが特徴です。
・・・汚れの付きにくさを求めるかた。
・・・屋根など紫外線が当たる部分も〇
 
・・・値段がウレタンやシリコンに比べかかる。
・・・頻繁に外壁の色を変えたい方。
 
 
クリヤーコーティング・・・耐久年数 15年前後
下地の模様を生かして、こだわりの外壁を守る!!
現在の外壁の模様を生かせる透明塗料。綺麗な状態を維持できる塗料。
 特にタイル調の外壁を塗替えする場合、一色に塗りつぶすか施工費が高くなる、
 タイル調塗装になってしまうため、早めに塗って綺麗な状態を維持できる塗料です。
 マニキュアみたいな塗料ですが、つや(光沢)は選べるため雰囲気は選べます。
・・・現在の外壁の模様が気に入っていて、その模様を維持させたい方。
・・・外壁がサイディング(タイル調、2色模様、凹凸模様)のあるお家の方。
 
・・・サイディングではないお家の方。下地の模様を生かす塗料なので、
        ALCやモルタルなどの場合、不向きになってしまいます。でも出来ないことはないですよ。
・・・外壁が色あせや、傷が目立つ場合は透明塗料のため下地を復元できなくなります。
・・・ひび割れや、傷、色あせが気になる方。
 

テレビなどでも紹介されている魔法の熱交換塗料!!

テレビなどでも紹介されている魔法の熱交換塗料!!
 

真夏の鉄板屋根を裸足で歩けると思いますか??

 
 
一見無茶な事と思いますよね。しかしそれを実現する
画期的な塗料≪熱交換塗料≫です。
 

「熱交換塗料」は既に地球温暖化対策として様々な場面で活躍しており、年間を通して省エネを実現しています。
  

太陽の熱エネルギーを運動エネルギーに変え、消費・放出する事で温度を下げる地球に優しいエコ塗料なのです。

 

太陽光を反射させる遮熱塗料とは違い、熱を消耗させ温度の上昇を抑える次世代新塗料です。

反射ではなく熱そのものを消耗させる方式なので、照り返しもなく、汚れが付着しても効果は持続します。また5~25℃の間では運動エネルギーが生じない構造なので、冬場の暖房負担が増えることもなく、5℃以下においては結露防止効果も期待できます

使用箇所:屋上、屋根、外壁、床、プールサイド、橋梁、グラウンド、校庭、公園の遊具、駐車場など 

   
太陽光線が塗膜に当たると、その中の赤外線の一部が熱エネルギーに変換されて塗膜中に分散・移動をします。塗膜には、特殊な熱交換物質が含まれており、これに接触するとただちにエネルギー交換が発生。表層で起きるために大半の熱は運動エネルギーとして消費されるのです。この原理なら、熱の吸収色(濃い色)を屋根に使用できるほか、表層の汚れなどによる断熱効果の低下といった問題もありません。
 

反射型の遮熱塗料は塗装面の汚れなど経年劣化により、反射率が悪くなり効果が落ちてしまいます。

熱交換塗料タフコートなら熱交換成分が熱に反応するため、塗装面に汚れが付いても効果は落ちません。

そのため手入れも不要になり、長期のコスト削減が期待できます。

 
夏場だけでなく冬場にも効果を発揮します!!
 
 

一般的な反射型遮熱塗料は、太陽熱を反射する為冬場の熱の取り込みが必要な時でも熱を遮断してしまいます。その為、室温が低下し暖房の負荷が大きくならざるを得ない、省エネの逆効果減少を招いてしまいます。それに対し「熱交換塗料」は、冬場の25℃以下の熱には反応しまい性質の為寒い冬場は太陽エネルギーをうまく取り込むことで、暖房負荷の軽減に貢献します。また「熱交換塗料」により壁の内外の温度差が軽減される為冬場における壁面の結露防止対策としても効果的です。

 
 

無光触媒とは、光触媒の弱点を克服した時代にあったエコ商品です!!

無光触媒とは、光触媒の弱点を克服した時代にあったエコ商品です!!
 
光触媒と無光触媒の違い
そもそも触媒って??光が関係あるの??
 
触媒とは、自分自身が変化することなく、「なにか」の影響によっていろいろな変化をおこさせる科学物質のことです。液体であったり気体であったり、「なに」に反応するかもさまざま。例えば「光触媒」というものは太陽光(紫外線)に反応します。光触媒は触媒に光をあてることにとって効果を発揮する仕組みですが、効果を発揮する為には、光を当てていなければならず、屋外での使用が主でした。
ところが「無光触媒エコキメラ」は文字通り光をあてなくても空気を触媒する事によって24時間、抗菌や消臭の効果を発揮し続けることに成功したのです。
 
24時間効果を維持する、光に頼らない無色・無臭の無光触媒です。完全無機原料からなるリン酸チタニア化合物が、有害物質の分解や、消臭、抗菌、防カビ、防汚に効果を発揮します。通常では起り難い化学反応を起り易くするもので、有害な物質を安全な物質に分解する作用があります。例えば触媒による化学反応で、ホルムアルデヒドは二酸化炭素と水に変化すると考えられています。なかでも光触媒が良く知られていますが、エコキメラは無光触媒で、光を必要としない触媒です。光が届き難い建物内部や、夜間・物置き等でも空気さえあれば24時間効果を発揮し続けます。
   
エコキメラ Sシリーズ
 
消臭・抗菌
 
ホルムアルデヒド、VOC(揮発性有機化合物)のシックハウス、シックスクールの原因物質や硫化水素、アセトアルデヒド等を分解し、居住空間等の大気浄化をし、いやな臭いを分解します。また、光の届かない暗所においてもその効果は永年にわたり発揮されます。
 
エコキメラ Cシリーズ
 
防   汚
 
汚れにくく、汚れても水で洗い流せて、キレイをいつまでも持続します。イオン伝導性による帯電防止効果により、汚れを寄せつけません。負荷が多い場合、若干汚れても水拭きか水洗いで汚れを落とします。
 
エコキメラ Fシリーズ
 
防 カ ビ
 
湿気が多い場所でもカビの育成をSTOPします。
 

アレルギー対策や、ウイルス対策に

アレルギー対策や、ウイルス対策に
 
ホルムアルデヒド、VOC・シックハウスの原因物質や硫化水素、アセトアルデヒド等を分解することによりお子様のアレルギー等を予防することができます。
 
また最近猛威をふるっている、インフルエンザウイルスや、ノロウイルス、日常生活では数多くのウイルスや菌が発生しています。
そんなときもこの無光触媒によって軽減させることができます。
 
シックハウスとは・・・
シックハウス 症候群とは、新築や改築(リフォーム)直後の室内空気汚染によって引き起こされる病気です。室内のカビやハウスダストなどによって起こるアレルギー症状も、広い意味ではシックハウス 症候群の中に分類されますが、ここでは狭義のシックハウス 症候群について説明します。
 建材や建材関連品には、大量の揮発性化学物質が使われています。それらは、建材の防腐剤や接着剤の成分として、さらにはシロアリなどの防虫剤として家のあらゆるところに使用されています。新築やリフォーム直後の家の中に入るとツーンと鼻をつく匂いがしますが、これらの多くは放散しているホルムアルデヒドやトルエンなどの揮発性化学物質の臭気で、微量でも極めて有害な成分が含まれる場合があります。

症状

 新築や改築直後から遅くても数カ月以内に、家の中に入ると目がしみる、涙が出てくる、鼻水が出る・鼻が詰まる、喉が痛い、動悸がする、頭が重いなど、多彩な症状が出現するようになります。また、不眠症や慢性的な疲労感・ 倦怠感としてはじまる場合もまれではありません。また、症状には個人差が大きく、同じ家でも非常に強く症状の出る人から、まったく症状の出ない人もいることから、いわゆる「引越し疲れ」と思い込んで生活している場合もあり、初期の対応が遅れるケースがほとんどです。さらに、元来アレルギー疾患を有する子どもでは、 アトピー性皮膚炎や小児気管支喘息の悪化という形で出現する場合もあり、注意が必要です。
189639
<<株式会社センレイ>> 〒910-0017 福井県福井市文京7丁目8-25 TEL:0776-25-7288 FAX:0776-25-7710